神奈川県横浜市の整骨院・接骨院情報サイト|総合整骨院心
HOME>痛み

| 痛み |

首の痛み
首の痛み
神経について…

頸肩腕症候群(変形性頚椎症・頚椎椎間板ヘルニア)
「変形性頚椎症」
症状
外傷起点のない首・肩・腕などの痛み・腕や手のしびれ・手に力が入らない等・また、めまい・頭痛・耳鳴りが主な症状。
原因 
加齢等に伴う椎間板や椎骨の変性。椎間板は椎骨と椎骨の間でクッションのようなはたらきをします。その変性により弾力性が失われクッション作用が弱まり、その結果、椎間関節がすり減ったり椎骨同士がぶつかったりします。刺激された椎骨は骨棘と呼ばれる骨突起物を形成し、それが脊髄神経や血管等を圧迫し、痛みやしびれといった症状が出るのです。

治療法…変形が起こること自体は特に心配のない疾患であり、多少の痛みや違和感等なら温熱療法や、日常生活に気をつけることで改善されます。こりや痛みの強い場合は、非ステロイド性消炎鎮痛薬や湿布薬などの薬物療法を用います。しかし、神経麻痺など日常生活に支障をきたすように症状が深刻な場合は、手術をして改善します。

ホームケア…姿勢を正し、同一姿勢を長時間続けないように気をつけることが大事です。肩や首の筋力アップのための体操を習慣づけるとよいでしょう。息を吸いながらゆっくり両肩を上げ、息を吐きながら下げる「肩の上げ下げ運動」や、手で頭を押しながら、それに抵抗するように前後左右に頭を倒す「抵抗運動」などの体操を行います。ですが、変性期で炎症が強い時は逆効果ですので、まずは診断をおすすめします。



「頚椎椎間板ヘルニア」
通常は腰痛やいわゆる「ぎっくり腰」のような症状が数日みられます。これに続いて片側のお尻や足へと放散する激しい痛みやシビレが生じます。この痛みは激 烈なものが多く、運動麻痺が起こると足に力が入らず数日はほとんど満足に動けないことも多く、睡眠も妨げられるほどです。しかしながらこの痛みは2-3週 間でピークを迎えることが多く、その後は放散する鈍痛がみられ、徐々にこれが薄らぐという経過をとります。典型的な場合には症状は一側下肢のみに限局しま すが、時には両下肢が痛むことや、排尿排便障害、腱反射異常、知覚障害、筋力低下などがみられることもあります。

原因…腰椎の椎間板は椎骨と椎骨の間にあってクッションのような役割をしています。椎間板は外縁部分を構成する線維輪という靱帯様の構造物と、中心部に含まれる かなり軟らかい髄核とよばれる構造物から成り立っています。この椎間板のうち線維輪が弱くなって全体として膨隆したり、線維輪が断裂して中の髄核が脱出し たりして、近傍にある神経を圧迫するようになったものが腰椎椎間板ヘルニアです。
腰椎椎間板ヘルニアは人口の1%程度に認められ、20~40歳代に多く、男性が女性より2~3倍多く、原因は、加齢的な変化に加え、軽微な捻挫や打撲、長 時間一定の姿勢を強いる作業、スポーツ傷害などが誘因となって発生します。中には、重いものを持った際や「くしゃみ」などをきっかけに発症することもあり ます。

治療法…安静を指示し、日常生活動作の注意点を指導します。活動時には装具療法としてコルセットを着用させます。リハビリテーションとして腰椎牽引療法や温熱療法・電気刺激療法を指示し、腰部のストレッチングや筋力強化訓練を指導します。難治例では神経ブロック療法を検討します。
しかし、これらの手術しない方法で改善の得られない症例は手術的治療を考慮します。手術適応は、耐え難い痛みを認める症例や直腸膀胱障害を認める症例、運動麻痺を認める症例などが対象となります。
近年、MRIの普及などによりヘルニアの病態が解明されつつあり、一部のヘルニアでは、自然に消退縮小することも解ってきました。従って、急を要する症例 (運動麻痺や直腸膀胱障害を認める症例)以外は、3~6ヶ月間の保存的治療を行うように指導します。一般的に、腰椎椎間板ヘルニアの90%程度が保存的治 療により軽快すると考えられています。


ホームケア…日常生活上の注意が非常に重要で、その基本は安静と刺激を避けることです。痛みが激しい急性期は、温めると症状が悪化する事があるので、入浴はシャワー程度にしておくとよいでしょう。自分でむやみなマッサージや指圧等、患部に刺激を与えることはやめましょう。草むしりやデスクワークなど下を向いての仕事や、天井の掃除など上を見上げての仕事も控えましょう。 痛いからといって、全く動かないと足腰が弱るため、散歩や手足の体操など、首に負担がかからない運動はしても大丈夫です。首に関しては専門家の指示を仰いで下さい。

寝る際のまくらは、あまり硬くなく肩までかかるような大きめのものがおすすめです。立ったときのような自然な首の状態が保てる形のものが良いとされています。 頸椎椎間板ヘルニアは一度症状が消えても再発することがあるので、日常生活には気をつけましょう。



胸郭出口症候群
症状
頚部・肩背部・上肢に痛みや感覚異常・しびれ・だるさ・冷感・脱力・肩や肩甲骨周囲のこりと痛みなどを引き起こす疾患群で、病態により上肢の挙上時もしくは下方への牽引時に症状の誘発増悪が認められます。一方で、上肢に症状がなく、肩こりや背中の痛みのみの場合もあります。これといった原因がわからず、治療効果が思わしくない肩こり等は胸郭出口症候群の可能性があります。 罹病期間が長期化すると、頭痛・眩暈・吐き気・不眠・全身倦怠感・胃腸障害・発汗異常などの自律神経障害を伴うこともあります。また、先天的要因の影響が大きいのが特徴です。


頚肋症候群
先天的に第7頸椎横突起が肋骨化して延びたもので、神経症状が主であり、上肢の冷え等は少ない。
斜角筋症候群
斜角筋隙を神経と動静脈が走行しています。その斜角筋の緊張により、これらの神経と動静脈が圧迫ることにより起こります。特に手の薬指、小指にしびれや痛みがおき、握力も弱くなります。なで肩の女性に多く見られ、長く肩を下げていると症状が悪化します。
肋鎖症候群
鎖骨と第1肋骨の間隙が狭まって、神経や動静脈が圧迫された時、指先に軽いしびれと血行不良をおこします。肋鎖が狭くなる原因には交通事故等の強い外力以外は周辺筋の過緊張による膨大が多く、疲労や姿勢などの変化で肩が下がるとおこりやすいと言われています。
小胸筋症候群
小胸筋と肋骨間の間隙を神経と動静脈が走行し、上肢へと向かっています。つり革につかまるような体勢をとると時に腕がしびれるのは小胸筋症候群を疑います。小胸筋の緊張による膨大がある場合、上腕外転時に、小胸筋の烏口突起停止部で、神経と動静脈が圧迫されて起こります。


治療法…
「胸郭出口症候群」とは症状の総称に過ぎません。大切な事は「自分の胸郭出口症候群のケース」について、まず知ることです。
頚肋症候群以外はほぼ筋肉の緊張による膨大が原因で神経や動静脈が圧迫されて起こります。その原因筋をつきとめ、緊張を取り除く治療をします。
勿論症状によっては手術をすすめられる場合もありますが、一般的には、温熱療法や、マッサージ等が有効です。
また、頚肋であっても無症状の方もいます。症状出現の直接的原因が筋疲労や筋緊張であることも稀でありません。それに頚肋以外の上記疾患についても、先天的な原因の場合もあるのです。
治療に関しては、しっかりとした見極めが必要になります。原因筋以外にも、周辺筋あるいは遠位にある関連筋にも影響が及んでいる可能性が高いので、安易に刺激せず、筋肉や骨格に精通した専門家の治療を受けるのが最善です。


ホームケア…肩を持ち上げる挙上運動や首の運動などがあり、負荷をかけないで首や肩の周辺の筋肉をリラックスさせます。合わせて腕立て伏せなどで多少負荷をかけ肩周辺の筋力を強化してください、寝るときは腕による圧迫を避けるため、抱きまくらの上に腕をのせて寝るなどの工夫も一つの方法でしょう。



血管…

胸郭出口症候群
原因….上記と同様
治療法…上記と同様
ホームケア…上記と同様



 

筋…

頚部のコリ、ムチウチ、寝違え、胸郭出口症候群




ムチウチ捻挫
車の衝突事故のときに、体は前方に移動しますが、頭はとり残されるので急激に後ろにそり返り、次の瞬間前方へ曲がる状態となり、ムチのようにしなります。
このとき、頚椎周囲の筋肉・靭帯・椎間板・血管・神経などの組織が損傷を起こしたものをムチウチ症(頚椎捻挫)といいます。他にもスポーツ中のケガや頭部への物体の落下などにより同じような状態になったものを含みます。
受傷の数時間後、あるいは翌日になってうなじの痛み、熱感、頭が重い感じ、肩こりなどの症状が現れることが多いのですが、受傷直後に現れることもあります。逆に数週間から数ヶ月たった後に症状が現れることもあります。
症状には他に、首の痛みやこわばり、背中の痛み、腕の痛みとしびれ、意識障害、頭痛、めまい、目がかすむ、耳鳴り、難聴、腰痛などが起こることがあります。
また、症状から、以下の4つの型に分類することもあります。

頚椎捻挫型
4つの型のうち最も多いもので、全体の70~80%を占めています。頚椎をねんざしたもので、首や肩が痛くて動かしにくいといったように、寝違いや肩こりによく似た症状を示します。

根症状型
頚椎の椎間孔やその前後で、頚髄から出ている神経根が圧迫刺激されるために症状が現れるものです。首を横に曲げたり、首を回したりした時に頚部痛や腕のし びれや痛みが強くなるのが特徴です。その他、後頭部痛や顔面痛、顔にベールをかぶったような違和感などをうったえることが多いものです。

バレ・リーウー症状型(後部頚交感神経症候群)
後頚部やうなじの痛みのほか、めまい、耳鳴り、視力障害、眼精疲労、顔面・腕・のどの知覚異常、声がかすれる、ものを飲みこみにくいなどの症状があり、胸部の圧迫感などの心臓の症状をうったえることもあります。

脊髄症状型
脊髄が損傷された場合には、下肢のしびれ感や知覚異常のために歩行が障害されたり、尿や便が出にくくなったりする膀胱直腸障害が出ることもあります。
ムチウチ症の人はさまざまな症状をうったえますが、画像診断ではほとんど異常が認められないことが多いです。
また、ムチウチ症の約70%は適切な治療により6ヵ月以内に治りますが、それ以上たっても症状がとれないときは治りにくくなる可能性があります。


治療法…症状が様々なので、症状にあった治療方法ですすめます。基本的には、全身の安静。 頸椎カラーの装着。 痛みには消炎鎮痛剤などを使用します。な お、頸椎カラーの長期装着は、首の筋肉の筋力低下につながるため注意が必要です。また、症状が重度の場合、入院して薬物療法、理学療法が用いられます。交 通事故の後遺症は、臨床上かなり多く、放置すると痛みや機能障害から2次的障害、たとえば、肩こりや腰痛などを起こすことがあります。早期のきちんとした 治療と、症状が完治するまで治療される事をおすすめします。



骨…
頚椎後縦靭帯骨化症
頸椎を支えている後縦靭帯が骨になる病気で、遺伝的に日本人に多くみらます。靭帯が骨化すること自体が問題になることは少ないのですが、骨化した靭帯が脊髄を圧迫することで、手足にさまざまな神経症状を現すようになります。 現在のところ、靭帯が骨化する機序についての詳細は不明です。

原因 
脊柱は椎骨が積み重なってできていますが、それらの椎骨をつないで支えている組織のひとつに靭帯があります。この靭帯には、椎骨の前側にある「前縦(ぜんじゅう)靭帯」と後側にある「後縦靭帯」があります。
後縦靭帯は脊柱管に面しているので、従来軟らかい組織が骨化して硬く大きくなると、脊柱管内にある脊髄を圧迫してさまざまな神経症状を現します。
手足のしびれや痛みで発症することが多く、また、手指の運動がうまくできなくなり、箸が持ちにくい、ボタンが掛けにくい、字が書きにくいなどといった症状が出てきます。脚では「痙性(けいせい)歩行」といって、脚が突っ張って歩きにくくなります。さらに症状が進むと、排便・排尿障害も起こることがあります。
脊椎の骨化する程度によって、それぞれ腰椎後縦靭帯骨化症、胸椎後縦靭帯骨化症、頚椎後縦靭帯骨化症と呼ばれます。一方、脊髄の後方に存在し、脊椎椎弓間を連結している靭帯は黄色靭帯といい、これが骨化すると黄色靭帯骨化症といいます。黄色靭帯骨化症は、脊髄麻痺を生じる疾患であり、胸椎部に好発します。何が原因で後縦靱帯骨化症になるのかは、多方面にわたって研究されていますが、はっきりした原因は不明なようです。後縦靱帯骨化症になる人の比率は男性と女性では2:1で男性が多く、発症する年齢は40歳以上がほとんどです。
後縦靱帯骨化症(こうじゅうじんたいこっかしょう)が頚椎に起こると、初発症状として首筋や肩胛骨周辺に痛みやしびれ、また、手の指先にしびれを感じるようになります。上肢の痛みやしびれの範囲が次第に拡がり、手指の運動障害のため両手の細かい作業が困難となります。また、下肢のしびれや知覚障害、足が動かない等の運動障害が出現してきます。進行すると下肢のしびれ、痛み、筋力低下、上・下肢の腱反射異常、病的反射、知覚鈍麻などが出現し、痙性麻痺を呈します。脊髄麻痺は四肢に対称的に出現することが多く、前横断脊髄麻痺となれば、頻尿、開始遅延、残尿感、便秘など膀胱直腸障害も出てきます。後縦靱帯骨化症の症状が重くなってくると排尿や排便の障害などで日常生活に介助を必要とする状態にもなります。後縦靱帯骨化症の初発症状は上肢のしびれや痛みを症状とするものが約40%、項頸部のこりや痛みを訴えるもの約34%、下肢のしびれや痛みを症状とするもの約16%、下肢の運動障害が約13%だそうです。後縦靱帯骨化症は慢性進行性のかたちをとるものが多いようで、良くなったり悪くなったりしながら長い経過をたどり、神経障害が次第に強くなってきます。

治療法…保存治療には、頸部の安静のために頸椎カラーを装用します。薬物療法では、痛みに対しては非ステロイド性消炎鎮痛薬や筋弛緩(しかん)薬を用います。温熱療法や牽引(けんいん)療法も用いられます。約3カ月治療をしても症状が改善しない場合は、手術療法を考えます。
すでに脊髄障害により歩けなかったり、排尿・排便障害がある場合は、早めに手術するほうがよいですが、靭帯骨化があるだけで著しい症状がない場合は、経過を観察するだけでよいこともあります。
手術療法では、頸部の前から手術する方法と、頸部の後方から手術する方法があります。前からの方法は、「頸椎前方徐圧固定術」といい、脊髄の圧迫されている箇所が少ない場合に行われます。この際には骨移植が必要になり、通常は腸骨(骨盤の骨でベルトのかかる部分)から移植骨をとります。後ろからの方法は、脊髄圧迫箇所が多い場合に用いるもので、主に「椎弓(ついきゅう)形成術」が用いられます。
後縦靭帯骨化症の治療には手術療法と保存的治療があります。まず頚椎の安静保持を保つため、保存的療法では頚椎の外固定装具を寝ている時以外に装着します。頚椎はこの時快適な位置にないといけません。装具は高さの調節ができるものがよいようです。入院して、持続的に頚椎を牽引する場合もあります。入院管理の下に持続牽引する期間は約一ヶ月くらいです。牽引療法の効果は、胸椎や腰椎では頚椎よりも少ない傾向にあります。そのほか、消炎鎮痛剤、筋弛緩剤等による薬物療法で自覚症状の軽減が得られることがあります。症状が進行し始めると保存的治療の効果は期待できなくなるため手術治療します。これには前方手術と後方手術があり、背骨が丸くなっている胸椎では前方進入法が選ばれ、腰椎では後方進入法がよく選ばれます。前方進入法は神経の圧迫を取るため骨化部位を摘出し、その部位を自分の骨で固定します。後方進入法では骨化部位はそのままにして神経の入った脊柱管を拡げます。


寝違え

症状
肩~首にかけての痛みで左右の片方どちらかに出ることのほうが多いですが、重症のものは、両側の痛みや、広い範囲に痛みが出て、どこが痛いのか自分でもわらならいこともあります。片側だけ寝違えのほうが早く治るものが多いです。
痛みで動きが制限されますので、首がまわしずらくなります。左右、前後で動かしてみると、右は向けるが、左は向けないなど痛くて動かせない方向、比較的動かせる方向などがあると思います。
まれにですが、寝違えとともに、のどの前のほうに痛みが響いてしまい、痛くて唾を飲み込めない、深呼吸をすると痛くて息が充分吸えないというような状態になることもあります。
 

原因 
寝違えの原因ですが、 首にむりな姿勢で寝たために一時的に首の筋肉を痛めたものから普段から首に負担がかかるような歪みや姿勢の問題があり、限界を超えて痛みが出たものまで様々です。
頻繁に寝違えるような方は頚椎だけの問題ではなく、体全体のバランスにも問題がある場合が多く見られます。いつも同じ側を寝違えるという方が多いのではないでしょうか。これは体のバランスに偏りがあるため、いつも同じ部分にストレスがかかっている場合によくあることです。
そういう方は、普段から背中や肩のはり感が強い、首が回りにくいなどの状態があったはずなのですが、そういう状態が続くと、なんとなくそれが当たり前になってそのことに慣れてしまうものです。
しかし、負担がかかっているという状態には変わりはありません。日々の負荷が知らず知らずのうちに積み重なり、限界に達した時、ある日突然発症するという場合がほとんどです。

治療法…
痛みが出た直後は、筋肉は緊張状態にあり、炎症をおこしています。少し熱っぽく感じる時もあります。首の筋肉は硬く張ったような状態になっていますので、まずは筋肉の異常な緊張をとってあげることが最初の段階です。過度の筋緊張が緩むと痛みはかなり軽減します。
ある程度炎症や痛みが減ってきたら骨格のバランスや頚椎の歪み、負担のかかっている部分への治療を始めます。頚椎にゆがみがあるとその周りの筋肉は緊張し、その緊張した筋肉はさらに骨のゆがみを大きくするという悪循環です。

 

首が痛いと首が悪いと考えがちです。確かに首も悪いのですが、体を全体的な視点から診るなかで局所的な問題を解決していくようにすることが大切です。