神奈川県横浜市の整骨院・接骨院情報サイト|総合整骨院心
HOME>痛み

| 痛み |

頭の痛み
頭の痛み
神経について…

「大後頭神経痛」大後頭神経の領域に相当する神経痛です。項部~後頭部にかけて表在性の痛みが生じます。項部のコリが生じ、診断的には緊張性頭痛に含まれます。

「小後頭神経痛」小後頭神経の領域に相当する神経痛です。項部~側頭部~耳部の表在性 (チクチク・ビリビリ)の痛みが生じ、大後頭神経痛とは異なり、項部のコリが生じません。



根症状型
頚椎の椎間孔やその前後で、頚髄から出ている神経根が圧迫刺激されるために症状が現れるものです。首を横に曲げたり、首を回したりした時に頚部痛や腕のし びれや痛みが強くなるのが特徴です。その他、後頭部痛や顔面痛、顔にベールをかぶったような違和感などをうったえることが多いものです。 

原因…神経を直接圧迫するもの以外は、肉体疲労や精神的ストレスからくるものがほとんどと 考えられています。しかし、神経痛の原因はハッキリ解明されていません。しかし、後頭神経痛 に限らず、神経痛の原因の多くは体の異常を知らせるものです。肉体疲労や精神的なストレス から来るものがほとんどです。

治療法…根本的治療としては、鍼灸治療、マッサージが有効です。痛みが我慢できない場合は 鎮痛薬、神経ブロック注射などの併用もよいでしょう。また、重度の場合は適用の場合もあります。

ホームケア…基本的に疲れを取り、ストレスから自分を解放することが重要です。現代社会 において、ストレスにさらされない日々はあり得ないに近いです。後頭神経痛の原因は主に ストレスからくるものが多く、ストレスの解消こそ一番の対処方法です。心と体を正常な状態に 戻すことが後頭神経痛を治療に繋がります。

血管について…

 「片頭痛」頭痛持ちの代名詞のようになっている。左右どちらかのこめかみが(両側のこともある)ズキンズキンと脈とともに痛み、女性に多く、親が片頭痛持ちだと、子供も片頭痛を起こしやすいと言われています。

「群発性頭痛」片頭痛や緊張型頭痛に比べて患者数も少なく、一般にはあまり知られていない頭痛ですが、痛みの強さは桁ちがい。頭痛発作が起こる時期は2年に1回から毎年1~2回という人が多いようです。

原因…これらの原因はハッキリ解明されていません。頭部の血管の内圧が必要以上に上がり、その血管の痛みや周りにある神経が刺激されて、痛みが起こると言われています。痛みと同時に充血や鼻水、発汗などの症状が現れるのは、自律神経の刺激によるものです。

治療法…血行改善が必要であり、ひどくならないうちに痛みを抑える治療を行います。市販の鎮痛薬では効果がない場合が多く、その場合、酸素吸入や血管の腫れを抑えるスマトリプタン注射剤などを使います。いずれにしても、専門医できちんと診てもらうことが大切です。

ホームケア…アルコールは頭痛を誘発するので、発作期間中の飲酒は厳禁です。また、狭心症治療薬のニトログリセリンなども血管を拡げる作用があり、頭痛を誘発します。このような薬を服用している人は、自己判断で中止せず、医師とよく相談してください。

筋について…

 「緊張型頭痛」頭痛の7~8割を占め、もっとも起こりやすいタイプの頭痛です。頭をしめつけられるような重苦しい痛みがいつからともなく始まり、連日ダラダラと続く頭痛です。

原因…肩や首や背中の筋肉の緊張によって頭が痛むものです。精神緊張や抑鬱状態、仕事などにより長時間同じ姿勢をとると、肩や首や背中の筋肉が緊張し、血液の循環障害が起こり、痛みのでる疲労物質を作りだし、神経を刺激して痛みを出します。放っておくと悪循環が繰り返され日に日に頭痛はひどくなります。

治療法…鍼治療、マッサージが有効です。鎮痛薬、筋弛緩薬があります(薬が効いている間のみ軽快)。

ホームケア…精神的・肉体的ストレスは緊張性頭痛の大敵。趣味や運動などで上手に息抜きすることが大切です。また、長時間同じ姿勢をとる場合は、適度に休憩を入れ、時々姿勢を変えましょう。また、眼精疲労や歯の噛み合わせ、メガネの適合、高さの合っていない枕なども原因となることがあるので、心あたりのあるものは改善をしましょう。


・緊急性のある頭痛…
緊急を要する頭痛の共通事項は、「発症が急激であり、今までに経験したことのない程の激痛や吐き気、嘔吐を伴う」ことです。
この場合、脳内出血、クモ膜下出血、急性硬膜下血腫、髄膜炎の可能性があります。
脳出血、クモ膜下出血、慢性硬膜下血腫、髄膜炎、脳腫瘍等は「意識障害、片麻痺、頭痛、項部硬直等」早期の外科手術が必要な場合があります。