神奈川県横浜市の整骨院・接骨院情報サイト|総合整骨院心
HOME>痛み

| 痛み |

背中・腰の痛み
背中・腰の痛み

神経症状・・・坐骨神経痛、頚椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症

坐骨神経痛

坐骨神経は腰椎から出た神経と仙骨から出た神経が 合わさった非常に太い神経です。人体の中で最大の神経でペン軸ほどの太さがあります。坐骨神経痛は、神経が腰椎の隙間から出て骨盤をくぐり抜け、お尻の筋 肉から顔を出す間のどこかで、圧迫や絞扼などの障害を受けた為に発症すると言えます。坐骨神経痛は病名ではなく、症状に対する名前です。臀部から脚にかけ て走行する坐骨神経が何らかの原因で圧迫されることにより痛みが生じます。坐骨神経の経路と分布領域に痛みのあるものが坐骨神経痛と呼ばれています。 坐骨神経痛は、神経が圧迫などの障害を受けた為、腰・臀部~下肢にシビレや疼痛を発症するものと言えます。 
症状は、特に動いていなくても、太ももから足の裏にまで痛みを感じることがあります。ある日突然に、太ももの痛みやしびれが現れてくるケースもあります。 急性腰痛のように急性的な痛みではなく連続的に起こってきます。また痛み以外に下肢のシビレや歩くのもつらいと感じる場合もあります。 
坐骨神経痛とは腰からお尻、太ももの後ろを通り足の先まで伸びる坐骨神経が何らかの理由で障害を受けるとお尻から太ももの後ろ側、膝から下の足の外側などに重だるい感じやしびれが生じるのが主な特徴です。
 

原因 
坐骨神経が圧迫や牽引を受けていることが考えられます。特に梨状筋は、骨盤の中心にある仙骨から股関節に向かって、お尻を横切るように付いています。この 梨状筋のすぐ下を坐骨神経が走っているため、梨状筋に異常な緊張状態が起こると、神経を圧迫してしまうのです。原因となる部分が、腰椎なのか、お尻の筋肉 なのか、太ももの筋肉なのか検査をして調べることが大切です。現れている症状は同じように見えても、原因によって対処法は異なります。年齢により異なりま すが、比較的多いのがぎっくり腰から腰痛が慢性化したもの、次に梨状筋症候群が挙げられます。この梨状筋が炎症もしくは過度の緊張状態になると、その下を 通る坐骨神経を圧迫して神経の走行に沿って痛みがでます。梨状筋症候群は比較的緩徐に発生し、通常はラセーグ徴候が陰性となります。

治療法…
坐骨神経痛の治療は坐骨神経がどこで圧迫しているのかを詳しい問診・検査によって探し出し、背骨の調整、筋肉の緊張の緩和、姿勢の改善などを行なうことで、圧迫している部分への負担を取り除いていきます。 
0主な検査としては、神経の働きを調べるための感覚や運動の検査、神経の圧迫・損傷部位を調べるための神経や関節・筋肉の負荷テスト、身体の全体的なバラ ンスを見るための姿勢検査、そして、筋肉の緊張や関節の動きを見るための触診などがあります。これらを行なうことで、原因や損傷の程度、治療部位などを見 極めていきます。 
整形外科では、 坐骨神経痛 の原因を診断後  坐骨神経痛の治療 としては、軽症の坐骨神経痛には物理療法(牽引・温熱・電気・マイクロ・ホットパック・SSP)など、痛みのやや強い 坐骨神経痛の治療 には、神経ブロック注射なども、夜も眠れない・激しい痛みで日常生活を送れないそんな激痛の伴う 坐骨神経痛の治療 には、原因疾患(椎間板ヘルニア・腰痛分離・すべり症)の手術が行われることもあります。 
はり・灸・整体・マッサージなどでは、これが 坐骨神経痛の治療 というものはありませんが、腰を含め全身の調整を行う事を坐骨神経痛の治療として行う治療院を選ぶといいでしょう。




頚椎椎間板ヘルニア

通常は腰痛やいわゆる「ぎっくり腰」のような症状が数日みられます。これに続いて片側のお尻や足へと放散する激しい痛みやシビレが生じます。この痛みは激烈なものが多く、運動麻痺が起こると足に力が入らず数日はほとんど満足に動けないことも多く、睡眠も妨げられるほどです。しかしながらこの痛みは2-3週間でピークを迎えることが多く、その後は放散する鈍痛がみられ、徐々にこれが薄らぐという経過をとります。典型的な場合には症状は一側下肢のみに限局しますが、時には両下肢が痛むことや、排尿排便障害、腱反射異常、知覚障害、筋力低下などがみられることもあります。
 

原因 
腰椎の椎間板は椎骨と椎骨の間にあってクッションのような役割をしています。椎間板は外縁部分を構成する線維輪という靱帯様の構造物と、中心部に含まれるかなり軟らかい髄核とよばれる構造物から成り立っています。この椎間板のうち線維輪が弱くなって全体として膨隆したり、線維輪が断裂して中の髄核が脱出したりして、近傍にある神経を圧迫するようになったものが腰椎椎間板ヘルニアです。
腰椎椎間板ヘルニアは人口の1%程度に認められ、20~40歳代に多く、男性が女性より2~3倍多く、原因は、加齢的な変化に加え、軽微な捻挫や打撲、長時間一定の姿勢を強いる作業、スポーツ傷害などが誘因となって発生します。中には、重いものを持った際や「くしゃみ」などをきっかけに発症することもあります。

治療法…
安静を指示し、日常生活動作の注意点を指導します。活動時には装具療法としてコルセットを着用させます。リハビリテーションとして腰椎牽引療法や温熱療法・電気刺激療法を指示し、腰部のストレッチングや筋力強化訓練を指導します。難治例では神経ブロック療法を検討します。
しかし、これらの手術しない方法で改善の得られない症例は手術的治療を考慮します。手術適応は、耐え難い痛みを認める症例や直腸膀胱障害を認める症例、運動麻痺を認める症例などが対象となります。
近年、MRIの普及などによりヘルニアの病態が解明されつつあり、一部のヘルニアでは、自然に消退縮小することも解ってきました。従って、急を要する症例(運動麻痺や直腸膀胱障害を認める症例)以外は、3~6ヶ月間の保存的治療を行うように指導します。一般的に、腰椎椎間板ヘルニアの90%程度が保存的治療により軽快すると考えられています。



脊柱管狭窄症

特徴的な症状は「間欠性跛行(かんけつせいはこう)」です。
歩き始めてしばらく歩くと脚に痛みや、しびれ、こわばったりして歩くことができなくなります、このような状態を「間欠性跛行」といいます。
しゃがんだり座ったりすると症状はすぐになくなり、また歩いたり立ったりできるのが特徴です。重症の場合は50mも歩かないうちに症状が強くなって歩けなくなり、5分程度立つだけでも症状が出たりします。
これは立つことで構造上、脊柱管がいっそう狭くなり神経を圧迫するためで、体が前かがみになると脊柱管がやや広くなり、神経圧迫が解除されて症状がなくなるのです。

原因 
腰部脊柱管狭窄症は50歳以降を好発年齢とし、腰・下肢痛をきたす疾患です。腰椎には脳からつながる神経が入っている脊柱管というトンネルがあります。そのトンネルが狭くなり、神経が挟みこまれた状態を脊柱管狭窄症といいます。腰椎後方(背中の方)の黄色靭帯が肥厚し、椎間関節という関節が変形して厚くなり、神経を押してきます。典型的な症状は、坐骨神経痛と呼ばれる臀部から下肢の後面を通り下腿部や足まで放散する痛みとしびれで歩行時に増悪します。
すなわち安静時には症状が無くても少し歩くと痛みやしびれ、脱力感が出現して歩くことができなくなり、しばらく休むと復活するが、また歩行すると同様の症状が出現するといった間欠性跛行と呼ばれる歩行障害をきたします。病状が進行すると下肢の筋力が低下したり、排尿時の違和感や便秘などが起こることもあります。

治療法…
神経を圧迫するような動作や姿勢を避けることです。背中を反らせる姿勢は、脊柱管をより狭くして神経を圧迫するので、脊柱管を少し広くするためには、歩く際に前かがみの姿勢を心がけます。杖やカート、自転車に乗るなど、日常生活を少し工夫することでかなり症状を軽減できます。
痛みをとるためには消炎鎮痛薬や血流改善薬などが使用されます。薬で痛みが改善しない場合は、神経ブロックが有効です。神経ブロックを数回行うことで症状が消えることもあります。薬や神経ブロックを中心に、さらにコルセットを装用するなど、牽引(けんいん)や温熱慮法を併用して治療します。このような治療を3カ月ほど行っても症状が改善しない場合は、手術的治療を考えます。
手術的治療の基本は、狭くなっている脊柱管を広くして神経の圧迫を取り除くことです。手術方法は、「開窓術(かいそうじゅつ)」、「椎弓(ついきゅう)切除術」「脊柱管拡大術」などがあり、神経の圧迫のされ方により選択されます。



骨症状
腰椎分離症 腰椎すべり症 


症状
腰椎分離症は腰椎の骨の一部が離れてしまうもので、腰椎すべり症は腰椎の位置がずれたものをいいます。腰椎が不安定になって、神経を刺激して腰痛の原因になることがあります。
最も多い症状は腰痛です。長時間の立ち仕事や、同じ姿勢を続けること、重労働のあとなどに痛みが強くなります。鈍く重い痛みで、体を後ろに反らせると痛みが強くなります。また、脚の痛みやしびれが出ることもあります。
腰椎分離症では、主に腰を後ろへ反らせると腰の痛みを感じます。長時間立っているような場合でも腰がつらくなります。しかし、腰椎が分離していても、必ず腰が痛くなるわけではなく、無症状のままスポーツを続けている人もいます。
 

原因 
腰椎分離症は椎弓の部分で腰椎が分離してしまう病態です。多くは子どものころにスポーツなどで繰り返し負荷がかかったために、疲労骨折を起こしたものと考えられていますが、すべての人が分離症になるわけではなく、体質的な要素もあります。
腰椎は、正常では軽く前方に弯曲しています。下の腰椎は、椎間板や椎間関節によって、すぐ上の腰椎がずれないようになっていますが、椎間関節の形や椎間板の変性によって上の腰椎を固定しにくくなり、ずれが生じます。これを「腰椎変性すべり症」といいます。
一方、腰椎分離症でも下の腰椎がすぐ上の腰椎を制動することができなくなり、ずれが起きます。これを「腰椎分離すべり症」といいます。両者とも、すべってずれが大きくなると、神経を刺激することや圧迫することがあります。

治療法…
保存治療には、装具療法、薬物療法、理学療法、ブロック治療などがあります。
保存治療の基本は安静で、コルセットを装用して動きを制限することもあります。薬物療法では、疼痛に対して消炎鎮痛薬や筋弛緩薬を用います。
理学療法では、温めることで末梢の血液循環がよくなり疼痛が改善するので、温熱療法も用います。やや特殊な方法として、神経に局所麻酔薬を注射する神経ブロックがあります。神経ブロックは初回治療的な意味もありますが、現在の痛みが確かに腰の神経が圧迫されて生じているためであるという診断的な意味でも用いられ、その他の腰痛を来す内臓疾患との鑑別に用いられます。
これらの保存治療でも症状が改善しない場合は手術療法が行われます。腰椎分離症には、分離部の固定術が行われます。腰椎すべり症では、すべっている椎間の固定術を行います。固定術は骨盤などから自分の骨を移植する場合と、人工骨を用いる場合があります。また症例によっては、固定の補助として金属製の器具を使う場合もあります。




腰椎圧迫骨折

症状
高齢者の脊椎圧迫骨折は日常の外来で最もよく遭遇する疾患の一つです。時に、スポーツ外傷や転落によって発生する若年者の脊椎圧迫骨折も遭遇しますが稀です。多くは骨粗鬆症を基盤として発生する高齢者の脊椎圧迫骨折です。
骨粗鬆症とは骨の量の減少や微小構造の変化によって、骨折し易くなった状態を言います。 骨がこの様な状態になると、軽微な外傷(転倒したり、尻餅をついたり、布団を持ち上げたり、くしゃみなど)により簡単に脊椎は骨折します。
骨粗鬆症は女性に多く、50歳以上では4人に1人が、70歳以上では2人に1人が骨粗鬆症だと言われております。好発部位は胸腰椎移行部(第11、第12胸椎と第1腰椎)です。
症状は背部痛や腰痛です。中には円背変形による歩行障害を来たす症例もあります。稀に、遅発性脊髄麻痺を来たす事もありますので要注意です。診断にはレントゲン検査レントゲン検査が不可欠です。形態的に楔状椎、陥凹椎(魚椎)、扁平椎の3つに分類されます。


治療法…
安静が基本で、コルセットを着用させます。例え、軽度な骨折であっても、経過とともに潰れてゆき、中には麻痺を来たす症例もありますので、初期のコルセット療法は重要です。痛みに対しては薬物療法として非ステロイド系抗炎症剤を処方し、各種の神経ブロック療法を検討します。慢性期になると、腰背筋のストレッチング・筋力強化を指導します。当然、骨折の原因となった骨粗鬆症の治療も並行して行なう事が大切です。不幸にして、脊髄損傷を認めた症例では手術的治療が検討されます。





急性腰痛症(ギックリ腰)  
ほんのちょっとした動作でおこる急性的な腰痛をギックリ腰といいます。ギックリ腰というのは通称で、医学的には 急性腰痛症 といいます。
西洋ではその急激な痛みから「魔女の一撃」と呼ばれています。そのつらさは経験した人でないとわからないという、とにかく痛くてつらいものです。腰痛のなかでも痛みが鋭い腰痛です。
重いものを持ち上げるときに、腰を痛めてギックリ腰になるというイメージが強いですが、実際にはくしゃみをしたり、後ろを振り返ったり、かがんで物を拾おうとした時など、日常の何げない動作でギックリ腰になる場合がほとんどです。
すぐに痛くて動けなくなる場合と、ひねったときは何ともないのですが、数時間後からズキズキと痛くなり動けなくなる場合とがあります。

原因 
ギックリ腰は、不自然な姿勢や不用意な動作、中腰の姿勢、同じ姿勢を長時間続けたりすると起こりやすいです。日常生活では、重い物など腰を曲げずに持ち上げたり、ゴルフなどで十分なウォーミングアップをせずにプレーしたりするとギックリ腰を引き起こしやすくなります。
腰や骨盤の筋肉、筋膜、じん帯、軟骨(軟部組織)の損傷によるもので、特に多いのが骨盤の仙骨と腸骨の2つの骨からな仙腸関節に付着する軟部組織の損傷により起こるギックリ腰です。

治療法…
ギックリ腰になってから2・3日間は、お風呂に入れません。心がけるべきことは初めの3日間ぐらいは極力、 横になり寝ていた方が 回復を早めることになります。その後も約1週間は安静を心がけ、中腰になることを極力避けることが大切となります。中腰の姿勢になると再発することがあります。気をつけたいのは 冷やすのは受傷後2・3日位で強い痛みが引くまでそれ以降 冷やしていると、血行不良の元となり筋繊維の補修遅延の原因となり長引きます。
治るのに3~4週間はかかるので、急性期の激しい痛みがなくなっても、 その期間は無理をせず、関節の軟部組織の修復に必要な ビタミンC・コンドロイチン・グルコサミンなどを摂取して 自然治癒力を高められた方が早く治ります。
整形外科では消炎鎮痛剤や筋弛緩剤の処方に加え、痛みが治まった状態なら、牽引療法やホットパック、コルセットの着用、 家庭でできる腰痛体操の指導などを行うことが多いようです。


ホームケア…
寝る時のポイントとして、横向きの場合、背中を丸めて、膝を深く押し曲げます。仰向けの場合は膝を軽く立て、その下に枕か座布団を丸めてはさみます。うつ伏せに寝るのは厳禁、腰が反る為、負担が大きくなります。お尻が沈むような柔らかい布団は、腰に負担がかかるので、硬い布団がいいです。
ギックリ腰の対処法としては急性におこる腰痛は、患部は必ず熱をもち炎症をおこしています。熱をもつのは毛細血管が切れて内出血をおこし、動脈血が患部に流れてくるからです。 腰をいためてから、少し時間がたってくるとズキズキとした脈打つ痛みがやってきます。 まずは腰を冷すことが重要です。冷やすことで血管を収縮させ、動脈血の患部への流入を最低限におさえます。これで腫れは最小におさえることができます。




筋・筋膜性腰痛
明らかな原因疾患が認められず、急激に腰痛を生じるものを総称して急性腰痛症といいますが、その中でも一番多くみられるのがこの筋・筋膜性腰痛症です。腰部筋肉の肉離れのようなものととらえて良いでしょう。
いわゆる腰痛症の中で,筋・筋膜性腰痛症がかなりの割合を占めています.筋膜性腰痛症の症状は動作時の腰痛を主体とし,安静をとると軽減します。腰背筋膜は腰部全体を覆っているので,痛みの部位も骨盤の両脇から,仙骨,背部にいたるまで,様々です。

原因 
筋・筋膜性腰痛症は筋疲労や姿勢異常(姿勢性腰痛症,静力学的腰痛症)が原因となります。一方,椎間板変性や変形性脊椎症,腰椎分離・すべり症,骨粗しょう症などの原疾患が基盤にあり,二次的に筋・筋膜性腰痛症を起こしている例も少なくありません。

治療法…筋・筋膜性腰痛症は除外診断的な要素が多く,腰椎椎間板ヘルニアや分離症を否定しておく必要があります。足のしびれや,筋力低下,坐骨神経痛があれば,MRIなどで他疾患を疑う必要があります。筋・筋膜性腰痛症であれば治療はリハビリや薬物療法が主体となります。再発傾向の強い方は原因の精査と治療が必要です。


ムチウチ捻挫
車の衝突事故のときに、体は前方に移動しますが、頭はとり残されるので急激に後ろにそり返り、次の瞬間前方へ曲がる状態となり、ムチのようにしなります。
このとき、頚椎周囲の筋肉・靭帯・椎間板・血管・神経などの組織が損傷を起こしたものをムチウチ症(頚椎捻挫)といいます。他にもスポーツ中のケガや頭部への物体の落下などにより同じような状態になったものを含みます。
受傷の数時間後、あるいは翌日になってうなじの痛み、熱感、頭が重い感じ、肩こりなどの症状が現れることが多いのですが、受傷直後に現れることもあります。逆に数週間から数ヶ月たった後に症状が現れることもあります。
症状には他に、首の痛みやこわばり、背中の痛み、腕の痛みとしびれ、意識障害、頭痛、めまい、目がかすむ、耳鳴り、難聴、腰痛などが起こることがあります。
また、症状から、以下の4つの型に分類することもあります。
頚椎捻挫型
4つの型のうち最も多いもので、全体の70~80%を占めています。頚椎をねんざしたもので、首や肩が痛くて動かしにくいといったように、寝違いや肩こりによく似た症状を示します。

根症状型
頚椎の椎間孔やその前後で、頚髄から出ている神経根が圧迫刺激されるために症状が現れるものです。首を横に曲げたり、首を回したりした時に頚部痛や腕のし びれや痛みが強くなるのが特徴です。その他、後頭部痛や顔面痛、顔にベールをかぶったような違和感などをうったえることが多いものです。

バレ・リーウー症状型(後部頚交感神経症候群)
後頚部やうなじの痛みのほか、めまい、耳鳴り、視力障害、眼精疲労、顔面・腕・のどの知覚異常、声がかすれる、ものを飲みこみにくいなどの症状があり、胸部の圧迫感などの心臓の症状をうったえることもあります。

脊髄症状型
脊髄が損傷された場合には、下肢のしびれ感や知覚異常のために歩行が障害されたり、尿や便が出にくくなったりする膀胱直腸障害が出ることもあります。
ムチウチ症の人はさまざまな症状をうったえますが、画像診断ではほとんど異常が認められないことが多いです。
また、ムチウチ症の約70%は適切な治療により6ヵ月以内に治りますが、それ以上たっても症状がとれないときは治りにくくなる可能性があります。


治療法…症状が様々なので、症状にあった治療方法ですすめます。基本 的には、全身の安静。 頸椎カラーの装着。 痛みには消炎鎮痛剤などを使用します。な お、頸椎カラーの長期装着は、首の筋肉の筋力低下につながるため注意が必要です。また、症状が重度の場合、入院して薬物療法、理学療法が用いられます。交 通事故の後遺症は、臨床上かなり多く、放置すると痛みや機能障害から2次的障害、たとえば、肩こりや腰痛などを起こすことがあります。早期のきちんとした 治療と、症状が完治するまで治療される事をおすすめします。