神奈川県横浜市の整骨院・接骨院情報サイト|総合整骨院心
HOME>しびれ

| しびれ |

下肢のしびれ
下肢のしびれ
頚椎後縦靭帯骨化症

頸椎を支えている後縦靭帯が骨になる病気で、遺伝 的に日本人に多くみらます。靭帯が骨化すること自体が問題になることは少ないのですが、骨化した靭帯が脊髄を圧迫することで、手足にさまざまな神経症状を 現すようになります。 現在のところ、靭帯が骨化する機序についての詳細は不明です。

原因 
脊柱は椎骨が積み重なってできていますが、それらの椎骨をつないで支えている組織のひとつに靭帯があります。この靭帯には、椎骨の前側にある「前縦(ぜんじゅう)靭帯」と後側にある「後縦靭帯」があります。 
後縦靭帯は脊柱管に面しているので、従来軟らかい組織が骨化して硬く大きくなると、脊柱管内にある脊髄を圧迫してさまざまな神経症状を現します。 
手足のしびれや痛みで発症することが多く、また、手指の運動がうまくできなくなり、箸が持ちにくい、ボタンが掛けにくい、字が書きにくいなどといった症状 が出てきます。脚では「痙性(けいせい)歩行」といって、脚が突っ張って歩きにくくなります。さらに症状が進むと、排便・排尿障害も起こることがありま す。 
脊椎の骨化する程度によって、それぞれ腰椎後縦靭帯骨化症、胸椎後縦靭帯骨化症、頚椎後縦靭帯骨化症と呼ばれます。一方、脊髄の後方に存在し、脊椎椎弓間 を連結している靭帯は黄色靭帯といい、これが骨化すると黄色靭帯骨化症といいます。黄色靭帯骨化症は、脊髄麻痺を生じる疾患であり、胸椎部に好発します。 何が原因で後縦靱帯骨化症になるのかは、多方面にわたって研究されていますが、はっきりした原因は不明なようです。後縦靱帯骨化症になる人の比率は男性と 女性では2:1で男性が多く、発症する年齢は40歳以上がほとんどです。 
後縦靱帯骨化症(こうじゅうじんたいこっかしょう)が頚椎に起こると、初発症状として首筋や肩胛骨周辺に痛みやしびれ、また、手の指先にしびれを感じるよ うになります。上肢の痛みやしびれの範囲が次第に拡がり、手指の運動障害のため両手の細かい作業が困難となります。また、下肢のしびれや知覚障害、足が動 かない等の運動障害が出現してきます。進行すると下肢のしびれ、痛み、筋力低下、上・下肢の腱反射異常、病的反射、知覚鈍麻などが出現し、痙性麻痺を呈し ます。脊髄麻痺は四肢に対称的に出現することが多く、前横断脊髄麻痺となれば、頻尿、開始遅延、残尿感、便秘など膀胱直腸障害も出てきます。後縦靱帯骨化 症の症状が重くなってくると排尿や排便の障害などで日常生活に介助を必要とする状態にもなります。後縦靱帯骨化症の初発症状は上肢のしびれや痛みを症状と するものが約40%、項頸部のこりや痛みを訴えるもの約34%、下肢のしびれや痛みを症状とするもの約16%、下肢の運動障害が約13%だそうです。後縦 靱帯骨化症は慢性進行性のかたちをとるものが多いようで、良くなったり悪くなったりしながら長い経過をたどり、神経障害が次第に強くなってきます。

治療法…保存治療には、頸部の安静のために頸椎カラーを装用します。薬 物療法では、痛みに対しては非ステロイド性消炎鎮痛薬や筋弛緩(しかん)薬を用います。温熱療法や牽引(けんいん)療法も用いられます。約3カ月治療をし ても症状が改善しない場合は、手術療法を考えます。
すでに脊髄障害により歩けなかったり、排尿・排便障害がある場合は、早めに手術するほうがよいですが、靭帯骨化があるだけで著しい症状がない場合は、経過を観察するだけでよいこともあります。
手術療法では、頸部の前から手術する方法と、頸部の後方から手術する方法があります。前からの方法は、「頸椎前方徐圧固定術」といい、脊髄の圧迫されてい る箇所が少ない場合に行われます。この際には骨移植が必要になり、通常は腸骨(骨盤の骨でベルトのかかる部分)から移植骨をとります。後ろからの方法は、 脊髄圧迫箇所が多い場合に用いるもので、主に「椎弓(ついきゅう)形成術」が用いられます。
後縦靭帯骨化症の治療には手術療法と保存的治療があります。まず頚椎の安静保持を保つため、保存的療法では頚椎の外固定装具を寝ている時以外に装着しま す。頚椎はこの時快適な位置にないといけません。装具は高さの調節ができるものがよいようです。入院して、持続的に頚椎を牽引する場合もあります。入院管 理の下に持続牽引する期間は約一ヶ月くらいです。牽引療法の効果は、胸椎や腰椎では頚椎よりも少ない傾向にあります。そのほか、消炎鎮痛剤、筋弛緩剤等に よる薬物療法で自覚症状の軽減が得られることがあります。症状が進行し始めると保存的治療の効果は期待できなくなるため手術治療します。これには前方手術 と後方手術があり、背骨が丸くなっている胸椎では前方進入法が選ばれ、腰椎では後方進入法がよく選ばれます。前方進入法は神経の圧迫を取るため骨化部位を 摘出し、その部位を自分の骨で固定します。後方進入法では骨化部位はそのままにして神経の入った脊柱管を拡げます。



脊髄症状型
脊髄が損傷された場合には、下肢のしびれ感や知覚異常のために歩行が障害されたり、尿や便が出にくくなったりする膀胱直腸障害が出ることもあります。 
ムチウチ症の人はさまざまな症状をうったえますが、画像診断ではほとんど異常が認められないことが多いです。
また、ムチウチ症の約70%は適切な治療により6ヵ月以内に治りますが、それ以上たっても症状がとれないときは治りにくくなる可能性があります。
原因 
治療法…症状が様々なので、症状にあった治療方法ですすめます。基本的には、全身の安静。 頸椎カラーの装着。 痛みには消炎鎮痛剤などを使用します。なお、頸椎カラーの長期装着は、首の筋肉の筋力低下につながるため注意が必要です。また、症状が重度の場合、入院して薬物療法、理学療法が用いられます。交通事故の後遺症は、臨床上かなり多く、放置すると痛みや機能障害から2次的障害、たとえば、肩こりや腰痛などを起こすことがあります。早期のきちんとした治療と、症状が完治するまで治療される事をおすすめします。
 



坐骨神経痛

坐骨神経は腰椎から出た神経と仙骨から出た神経が 合わさった非常に太い神経です。人体の中で最大の神経でペン軸ほどの太さがあります。坐骨神経痛は、神経が腰椎の隙間から出て骨盤をくぐり抜け、お尻の筋 肉から顔を出す間のどこかで、圧迫や絞扼などの障害を受けた為に発症すると言えます。坐骨神経痛は病名ではなく、症状に対する名前です。臀部から脚にかけ て走行する坐骨神経が何らかの原因で圧迫されることにより痛みが生じます。坐骨神経の経路と分布領域に痛みのあるものが坐骨神経痛と呼ばれています。 坐骨神経痛は、神経が圧迫などの障害を受けた為、腰・臀部~下肢にシビレや疼痛を発症するものと言えます。 
症状は、特に動いていなくても、太ももから足の裏にまで痛みを感じることがあります。ある日突然に、太ももの痛みやしびれが現れてくるケースもあります。 急性腰痛のように急性的な痛みではなく連続的に起こってきます。また痛み以外に下肢のシビレや歩くのもつらいと感じる場合もあります。 
坐骨神経痛とは腰からお尻、太ももの後ろを通り足の先まで伸びる坐骨神経が何らかの理由で障害を受けるとお尻から太ももの後ろ側、膝から下の足の外側などに重だるい感じやしびれが生じるのが主な特徴です。
 

原因 
坐骨神経が圧迫や牽引を受けていることが考えられます。特に梨状筋は、骨盤の中心にある仙骨から股関節に向かって、お尻を横切るように付いています。この 梨状筋のすぐ下を坐骨神経が走っているため、梨状筋に異常な緊張状態が起こると、神経を圧迫してしまうのです。原因となる部分が、腰椎なのか、お尻の筋肉 なのか、太ももの筋肉なのか検査をして調べることが大切です。現れている症状は同じように見えても、原因によって対処法は異なります。年齢により異なりま すが、比較的多いのがぎっくり腰から腰痛が慢性化したもの、次に梨状筋症候群が挙げられます。この梨状筋が炎症もしくは過度の緊張状態になると、その下を 通る坐骨神経を圧迫して神経の走行に沿って痛みがでます。梨状筋症候群は比較的緩徐に発生し、通常はラセーグ徴候が陰性となります。

治療法…
坐骨神経痛の治療は坐骨神経がどこで圧迫しているのかを詳しい問診・検査によって探し出し、背骨の調整、筋肉の緊張の緩和、姿勢の改善などを行なうことで、圧迫している部分への負担を取り除いていきます。 
0主な検査としては、神経の働きを調べるための感覚や運動の検査、神経の圧迫・損傷部位を調べるための神経や関節・筋肉の負荷テスト、身体の全体的なバラ ンスを見るための姿勢検査、そして、筋肉の緊張や関節の動きを見るための触診などがあります。これらを行なうことで、原因や損傷の程度、治療部位などを見 極めていきます。 
整形外科では、 坐骨神経痛 の原因を診断後  坐骨神経痛の治療 としては、軽症の坐骨神経痛には物理療法(牽引・温熱・電気・マイクロ・ホットパック・SSP)など、痛みのやや強い 坐骨神経痛の治療 には、神経ブロック注射なども、夜も眠れない・激しい痛みで日常生活を送れないそんな激痛の伴う 坐骨神経痛の治療 には、原因疾患(椎間板ヘルニア・腰痛分離・すべり症)の手術が行われることもあります。 
はり・灸・整体・マッサージなどでは、これが 坐骨神経痛の治療 というものはありませんが、腰を含め全身の調整を行う事を坐骨神経痛の治療として行う治療院を選ぶといいでしょう。



腰椎分離症 腰椎すべり症 

症状 
腰椎分離症は腰椎の骨の一部が離れてしまうもので、腰椎すべり症は腰椎の位置がずれたものをいいます。腰椎が不安定になって、神経を刺激して腰痛の原因になることがあります。 
最も多い症状は腰痛です。長時間の立ち仕事や、同じ姿勢を続けること、重労働のあとなどに痛みが強くなります。鈍く重い痛みで、体を後ろに反らせると痛みが強くなります。また、脚の痛みやしびれが出ることもあります。 
腰椎分離症では、主に腰を後ろへ反らせると腰の痛みを感じます。長時間立っているような場合でも腰がつらくなります。しかし、腰椎が分離していても、必ず腰が痛くなるわけではなく、無症状のままスポーツを続けている人もいます。
 

原因 
腰椎分離症は椎弓の部分で腰椎が分離してしまう病態です。多くは子どものころにスポーツなどで繰り返し負荷がかかったために、疲労骨折を起こしたものと考えられていますが、すべての人が分離症になるわけではなく、体質的な要素もあります。 
腰椎は、正常では軽く前方に弯曲しています。下の腰椎は、椎間板や椎間関節によって、すぐ上の腰椎がずれないようになっていますが、椎間関節の形や椎間板の変性によって上の腰椎を固定しにくくなり、ずれが生じます。これを「腰椎変性すべり症」といいます。
一方、腰椎分離症でも下の腰椎がすぐ上の腰椎を制動することができなくなり、ずれが起きます。これを「腰椎分離すべり症」といいます。両者とも、すべってずれが大きくなると、神経を刺激することや圧迫することがあります。

治療法…
保存治療には、装具療法、薬物療法、理学療法、ブロック治療などがあります。
保存治療の基本は安静で、コルセットを装用して動きを制限することもあります。薬物療法では、疼痛に対して消炎鎮痛薬や筋弛緩薬を用います。
理学療法では、温めることで末梢の血液循環がよくなり疼痛が改善するので、温熱療法も用います。やや特殊な方法として、神経に局所麻酔薬を注射する神経ブロックがあります。神経ブロックは初回治療的な意味もありますが、現在の痛みが確かに腰の神経が圧迫されて生じているためであるという診断的な意味でも用いられ、その他の腰痛を来す内臓疾患との鑑別に用いられます。
これらの保存治療でも症状が改善しない場合は手術療法が行われます。腰椎分離症には、分離部の固定術が行われます。腰椎すべり症では、すべっている椎間の固定術を行います。固定術は骨盤などから自分の骨を移植する場合と、人工骨を用いる場合があります。また症例によっては、固定の補助として金属製の器具を使う場合もあります。



コンパートメント症候群

外傷による急性型と、運動などの持続によって起こる慢性型とがあります。下腿骨骨折に続発する場合は、とくに高度のはれを伴うことが多く、注意が必要です。そのほかスポーツや長距離歩行によって、過度の負担が下腿に加わった際にも起こります。また、ギプスや包帯による圧迫が原因になることもあります。 

原因 
コンパートメント症候群は、損傷を受けた筋肉に過度の腫れが生じ、腕や脚に重大な障害を与えるおそれのある状態です。腕や脚の骨折や圧迫などによる組織の損傷が原因で発生します。筋肉は周囲を線維組織で覆われていて、1つの閉じた区画(コンパートメント)になっています。損傷を受けた筋肉の腫れが進み、閉じた区画内の腫れがひどくなり、さらにギプスによる固定などが加わると、筋肉組織の内部の圧力が上昇します。内圧が上昇すると、筋肉に酸素を供給する血流が減少します。酸素の欠乏状態が長時間続くと筋肉の損傷がさらに進み、腫れが増大することで、組織にかかる内圧もさらに上昇します。こうした悪循環により、わずか数時間で筋肉や周囲の軟部組織に不可逆的な損傷や壊死が起こることがあります。 
骨折後に、固定した腕や脚に痛みがあって次第に強くなっていく、固定した腕や脚の指をそっと動かしただけで痛む、腕や脚がしびれるといった症状があれば、コンパートメント症候群が疑われます。筋肉の内圧の測定結果に基づき、コンパートメント症候群の診断を確定します 
下腿に発赤やはれが現れ、緊張感が高まって痛みが出てきます。手でストレッチをすると激痛を伴うようになります。放置すると内圧の上昇により神経が圧迫され、しびれが起こることがあります。

治療法…まず予防方法ですが、症状が出たらスポーツ活動などを中止することです。
その後筋肉のアイシングをおこないます。
その他にもトレーニングプログラムの見直しやシューズ・ランニング技術の検討、練習環境などの改善などが効果的だと思われます。
外傷後の処置としては、静脈還流を促進するため患肢挙上が行われるが、心臓と同じ高さを保っていればよいでしょう。
コンパートメント症候群の治療法としては、針灸治療が有効です。(急性の場合を除く)
現状を把握しながら、長趾伸筋、長母趾伸筋、前脛骨筋、長・短腓骨筋、長趾屈筋、長母趾屈筋、ヒラメ筋、底筋などの筋肉に適切な処置をとります。 
以上がコンパートメント症候群の症状、治療、予防方法、原因です。
治療が必要な場合は実績のある専門医のいる病院で、治療を進めることが重要であるといえるでしょう。



腓骨神経痛 
腓骨神経は足首や足の指を動きや、足の外側の皮膚感覚を司る働きがあります。腓骨神経が麻痺すると一般的に下腿外側から足の甲にかけてのしびれや感覚異常があり、足首から先を上げることができない状態になります。また、障子の敷居で足を引っかかることや、サンダルが脱げやすいといった症状がみられることがあります。

原因 
腓骨神経のはたらきは、足首や足指を持ち上げ、下腿外側の皮膚感覚を支配します。また、膝関節の末梢で圧迫を受けやすいことがわかっています。腓骨神経麻痺を発症する原因は、長い時間にわたって足を組む姿勢を続ける事や、しゃがみ込むような膝を曲げた姿勢をとること、硬い床の上で寝ること等が挙げられます。また関節リウマチを患っている人は、上記に挙げられた原因に該当しなくても関節の変形により腓骨神経麻痺を発症する事があります。 
腓骨神経は最も外傷を受けやすい神経の一つです。 股関節部の脱臼や坐骨神経麻痺でも腓骨神経に障害が及ぶ事もあるようです。睡眠時・泥酔時・長時間しゃがんだとき、あるいはギプス・副子などの圧迫、ときには神経炎による麻痺もみられます。足を組むことが原因で腓骨神経に症状が出ているなど、症状が軽く明らかな誘因がある場合には、足を組まないように座るなど生活習慣の改善で軽快することがほとんどです。その予防のためには膝に負担がかかるような姿勢をしないようにする事も重要となります。

治療法…重症例では、外科的な神経開放術が治療法として行われることがあります。腓骨神経麻痺は腓骨神経痛という別名があります。足の側面の細いほうの骨である脛骨にそって通っている神経が、腓骨神経です。 
この腓骨神経が神経痛となって酷い痛みを発生させます。酷い痛みというより、激痛と強烈な痺れを感じる事があり苦痛以外の何物でもないそうです。ところが、この辛い症状を引き起こす病気の治療法は確立されていません。 
この腓骨神経麻痺は、手術後の患者さんや、寝たきりの人に良く見られる症状ですが、痛みを根本から治療する方法がありません。また交通事故などで腰等を痛めた方もこの麻痺を発症する事があるそうです。ほとんどのケースにおいて、腓骨神経が機能を回復する可能性を残す、いわば休眠中のような状態であることが多いそうです。病院の医師から神経がまた通って感覚を取り戻すのを待つしかない、と言う風に言われる事もあるそうです。神経が死んだわけではなく、情報のやりとりが何らかの形で寸断されている状態だと説明されます。といっても辛い痛みに耐えながら、神経が復活するのを待つだけと言うのは非常にしんどい事です。鎮痛剤の処方や痛みを取り除く対処法を受けながら、希望を持っていきましょう。