神奈川県横浜市の整骨院・接骨院情報サイト|総合整骨院心
HOME>こり

| こり |

こりについて
こりについて

首筋の筋肉のこりが強くなると後頭部が重くなるだけでなく、毛髪の生えぎわのところには、神経の通り道があるためこの神経の刺激症状が出てきます。片一方の後頭部にときどき電気が走るような痛みが急に起こり、毛髪をさわるとピリピリした感じが起こることがあります。このような後頭部の神経の刺激症状は首筋のこりが原因で起こる場合と、こりとは関係なく原因の神経痛として起こる場合とがあります。両者では治療方法が異なってきます。
首や肩周りの筋のこりが強くなってくると、連鎖反応で頭の筋肉がこりやすくなります。頭の筋肉のこりは緊張型頭痛といわれる頭痛を起こしてきます。この頭痛は頭を重たく感じたり、時にはズキズキするはげしい頭痛を起こしたりしますが、何日も続きやすい特徴があります。頭の一部が痛くなることがあるため片頭痛と間違われることがありますが、片頭痛では寝込むくらいの強い頭痛が発作的に起こり、半日くらいたつと軽快します。緊張型頭痛は朝起きた時から起こることも、疲れのたまる夕方から起こることもありますが、寝込むほどではありません。

ホームケア
緊張型頭痛は一般の鎮痛薬が効きにくいことがありますが、そのような場合には鎮痛薬に加えて筋肉の弛緩剤や抗不安薬(これも筋肉の弛緩作用があるものを使用します)を併用すると効果が出やすくなります。
姿勢が悪くならいように、机、イスの高さ、パソコンの配置をもう一度見直す。



また目頭が重い 昼間から眠く 目がボーと感じやすくなるのも、肩こりが強いときの特徴です。時には目の奥に強い痛みを感じることもあります。肩こりだけでなく、目の疲れ(眼精疲労)でも同様な症状が起こります。
また頭の筋肉のこりが強くなると、ふわふわとしためまい感を起こしやすくなります。ちょうど雲の上を歩いているような感じで、まっすぐに歩いているつもりでもどちらかに傾くような感じが起こることもあります。こりが原因と診断するためには、高血圧や脳の病気などがないかどうか、専門の医師により診察と検査を受けておく必要があります。

ホームケア
しっかり見るために無理な姿勢をとることで、眼の疲れや頭痛と肩こりが連動して起こることが多いです。
視力が低下していないか、メガネは合っているかを確認し、目の疲労を予防する。
眼精疲労は、まぶたを温めると解消しやすい

 



肩の筋肉は胸や背中にもつながっています。したがって肩こりが強くなると、これらの筋肉のこりが強くなります。胸や背中に筋肉のこりが強くなると、胸の圧迫感を生じるようになります。こうなると息苦しく感じたり、心臓が悪いのではないかという不安を感じるようになります。また全身の倦怠感や微熱、朝起きづらいなどの多彩な症状が起こってきます。以上のように、肩こりが強くなると首筋や頭の筋肉のこり、さらには全身の筋肉のこりを起こしていろいろな症状を起こしてきます。こうなると体のどこかに病気があるのではないかと不安感が強くなってきます。適切な診察や検査の結果、他に異常がないときには筋肉のこりを軽くするような治療を受けると、このような症状は良くなってきます。寒いところにいると、私たちは自然に、前かがみの姿勢で肩をすくめ、身体を固くしてしまう。また、このような姿勢をとらないまでも、身体が冷えると血管が収縮して血行が悪くなってしまう。

ホームケア
毎朝毎晩など、適度のストレッチを続ける。
足・腰を冷やさないようにし、体を冷やさないようにする
半身浴をして身体を温める。




「頚椎椎間板ヘルニア」
 症状…首・肩の痛みやこり、手の痛みやしびれ、午前中は比較的症状が軽くても、午後から夕方になるにつれて症状が強くなるのが特徴です。首を反らすようにすると痛みやしびれが強まることがあります。これは脊髄神経の根元がより圧迫されるためです。

原因…ヘルニアとは、「飛び出す」という意味であり。椎間板は椎骨と椎骨の間でクッションのようなはたらきをします。その構造は、中心部に髄核と呼ばれるゼリー状の物質があり、その周りを線維輪と呼ばれる丈夫な組織で取り囲んでいます。頸椎椎間板ヘルニアは、この椎間板の線維輪に裂け目が入り、その中から髄核が飛び出し脊髄や脊髄神経を圧迫することにより、さまざまな神経症状が現れます。
椎間板は20歳代からすで加齢的変性が始まると言われており、そこに頸椎への運動負荷や不良姿勢が加わることによって起こるとされています。このために頸椎椎間板の変性がある程度すすみ、なおかつ頸椎への運動負荷が多く、良い姿勢を保つ筋力の低下が起こる、30~50代が好発年齢になります。


治療法…現在は基本的に保存療法で行う場合が多くヘルニアの起きている椎骨の負担を軽減させてあげることが第一とされています。急性期では頚椎カラーを装着することもあります。また、症状に合わせて牽引療法も有効です。安静は大切ですが、首を支える筋力が低下しては意味がありません。治療は段階を経て筋力強化、維持へと移行していくと良いでしょう。また、二次的、三次的に他の部位が痛みを出すこともあるので、合わせてケアできるとなお良いです。また、しびれや麻痺に対して、お灸が有効とされており、治療に取り入れているところも増えているようです。薬物療法では、非ステロイド性消炎鎮痛薬、筋弛緩薬などが投与されます。痛みの強すぎる場合には神経ブロックもあります。これらの治療で症状が改善しない場合は手術を考える必要があります。

ホームケア…日常生活上の注意が非常に重要で、その基本は安静と刺激を避けることです。痛みが激しい急性期は、温めると症状が悪化する事があるので、入浴はシャワー程度にしておくとよいでしょう。自分でむやみなマッサージや指圧等、患部に刺激を与えることはやめましょう。草むしりやデスクワークなど下を向いての仕事や、天井の掃除など上を見上げての仕事も控えましょう。 痛いからといって、全く動かないと足腰が弱るため、散歩や手足の体操など、首に負担がかからない運動はしても大丈夫です。首に関しては専門家の指示を仰いで下さい。

寝る際のまくらは、あまり硬くなく肩までかかるような大きめのものがおすすめです。立ったときのような自然な首の状態が保てる形のものが良いとされています。 頸椎椎間板ヘルニアは一度症状が消えても再発することがあるので、日常生活には気をつけましょう。




胸郭出口症候群
症状
頚部・肩背部・上肢に痛みや感覚異常・しびれ・だるさ・冷感・脱力・肩や肩甲骨周囲のこりと痛みなどを引き起こす疾患群で、病態により上肢の挙上時もしく は下方への牽引時に症状の誘発増悪が認められます。一方で、上肢に症状がなく、肩こりや背中の痛みのみの場合もあります。これといった原因がわからず、治 療効果が思わしくない肩こり等は胸郭出口症候群の可能性があります。 罹病期間が長期化すると、頭痛・眩暈・吐き気・不眠・全身倦怠感・胃腸障害・発汗異 常などの自律神経障害を伴うこともあります。また、先天的要因の影響が大きいのが特徴です。


頚肋症候群
先天的に第7頸椎横突起が肋骨化して延びたもので、神経症状が主であり、上肢の冷え等は少ない。
斜角筋症候群
斜角筋隙を神経と動静脈が走行しています。その斜角筋の緊張により、これらの神経と動静脈が圧迫ることにより起こります。特に手の薬指、小指にしびれや痛 みがおき、握力も弱くなります。なで肩の女性に多く見られ、長く肩を下げていると症状が悪化します。
肋鎖症候群
鎖骨と第1肋骨の間隙が狭まって、神経や動静脈が圧迫された時、指先に軽いしびれと血行不良をおこします。肋鎖が狭くなる原因には交通事故等の強い外力以 外は周辺筋の過緊張による膨大が多く、疲労や姿勢などの変化で肩が下がるとおこりやすいと言われています。
小胸筋症候群
小胸筋と肋骨間の間隙を神経と動静脈が走行し、上肢へと向かっています。つり革につかまるような体勢をとると時に腕がしびれるのは小胸筋症候群を疑いま す。小胸筋の緊張による膨大がある場合、上腕外転時に、小胸筋の烏口突起停止部で、神経と動静脈が圧迫されて起こります。


治療法…
「胸郭出口症候群」とは症状の総称に過ぎません。大切な事は「自分の胸郭出口症候群のケース」について、まず知ることです。
頚肋症候群以外はほぼ筋肉の緊張による膨大が原因で神経や動静脈が圧迫されて起こります。その原因筋をつきとめ、緊張を取り除く治療をします。
勿論症状によっては手術をすすめられる場合もありますが、一般的には、温熱療法や、マッサージ等が有効です。
また、頚肋であっても無症状の方もいます。症状出現の直接的原因が筋疲労や筋緊張であることも稀でありません。それに頚肋以外の上記疾患についても、先天的な原因の場合もあるのです。
治療に関しては、しっかりとした見極めが必要になります。原因筋以外にも、周辺筋あるいは遠位にある関連筋にも影響が及んでいる可能性が高いので、安易に刺激せず、筋肉や骨格に精通した専門家の治療を受けるのが最善です。


ホームケア…肩を持ち上げる挙上運動や首の運動などがあり、負荷をかけ ないで首や肩の周辺の筋肉をリラックスさせます。合わせて腕立て伏せなどで多少負荷をかけ肩周辺の筋力を強化してください、寝るときは腕による圧迫を避け るため、抱きまくらの上に腕をのせて寝るなどの工夫も一つの方法でしょう。



ムチウチ捻挫
車の衝突事故のときに、体は前方に移動しますが、頭はとり残されるので急激に後ろにそり返り、次の瞬間前方へ曲がる状態となり、ムチのようにしなります。
このとき、頚椎周囲の筋肉・靭帯・椎間板・血管・神経などの組織が損傷を起こしたものをムチウチ症(頚椎捻挫)といいます。他にもスポーツ中のケガや頭部への物体の落下などにより同じような状態になったものを含みます。
受傷の数時間後、あるいは翌日になってうなじの痛み、熱感、頭が重い感じ、肩こりなどの症状が現れることが多いのですが、受傷直後に現れることもあります。逆に数週間から数ヶ月たった後に症状が現れることもあります。
症状には他に、首の痛みやこわばり、背中の痛み、腕の痛みとしびれ、意識障害、頭痛、めまい、目がかすむ、耳鳴り、難聴、腰痛などが起こることがあります。
また、症状から、以下の4つの型に分類することもあります。
頚椎捻挫型
4つの型のうち最も多いもので、全体の70~80%を占めています。頚椎をねんざしたもので、首や肩が痛くて動かしにくいといったように、寝違いや肩こりによく似た症状を示します。

根症状型
頚椎の椎間孔やその前後で、頚髄から出ている神経根が圧迫刺激されるために症状が現れるものです。首を横に曲げたり、首を回したりした時に頚部痛や腕のし びれや痛みが強くなるのが特徴です。その他、後頭部痛や顔面痛、顔にベールをかぶったような違和感などをうったえることが多いものです。

バレ・リーウー症状型(後部頚交感神経症候群)
後頚部やうなじの痛みのほか、めまい、耳鳴り、視力障害、眼精疲労、顔面・腕・のどの知覚異常、声がかすれる、ものを飲みこみにくいなどの症状があり、胸部の圧迫感などの心臓の症状をうったえることもあります。

脊髄症状型
脊髄が損傷された場合には、下肢のしびれ感や知覚異常のために歩行が障害されたり、尿や便が出にくくなったりする膀胱直腸障害が出ることもあります。
ムチウチ症の人はさまざまな症状をうったえますが、画像診断ではほとんど異常が認められないことが多いです。
また、ムチウチ症の約70%は適切な治療により6ヵ月以内に治りますが、それ以上たっても症状がとれないときは治りにくくなる可能性があります。


治療法…症状が様々なので、症状にあった治療方法ですすめます。基本 的には、全身の安静。 頸椎カラーの装着。 痛みには消炎鎮痛剤などを使用します。な お、頸椎カラーの長期装着は、首の筋肉の筋力低下につながるため注意が必要です。また、症状が重度の場合、入院して薬物療法、理学療法が用いられます。交 通事故の後遺症は、臨床上かなり多く、放置すると痛みや機能障害から2次的障害、たとえば、肩こりや腰痛などを起こすことがあります。早期のきちんとした 治療と、症状が完治するまで治療される事をおすすめします。



骨盤回旋
デスクワークなどで長時間足を組んでいると骨盤が回旋(骨盤の捻れ)し背骨が歪んでしまいします。これを長年放置していると下半身の血行や神経の働きを低下させ、冷え性や下半身が太く痩せづらいなどの症状を助長します。
腰の筋肉の柔軟性に左右差が生じ、腰椎(腰の部分の背骨)が回旋(捻れ)したままブロックして背骨が曲がり筋肉性・関節性の腰痛を生じるようになります。

骨盤が傾き回旋すると背骨に歪みが生じて、肩のラインが水平に保てなくなり肩掛けバックがずり落ちたり証明写真などを見ると頭が傾いていたり、顔が歪む(顎関節の歪み)歯のかみ合わせが悪くなったり、頭が傾斜して片方の肩や首の負担が多くなりにコリが生まれ、頑固な肩こりや頭痛などの症状が出やすくなります。