神奈川県横浜市の整骨院・接骨院情報サイト|総合整骨院心
HOME>だるさ

| だるさ |

局所のだるさ
局所のだるさ

胸郭出口症候群
症状
頚部・肩背部・上肢に痛みや感覚異常・しびれ・だるさ・冷感・脱力・肩や肩甲骨周囲のこりと痛みなどを引き起こす疾患群で、病態により上肢の挙上時もしく は下方への牽引時に症状の誘発増悪が認められます。一方で、上肢に症状がなく、肩こりや背中の痛みのみの場合もあります。これといった原因がわからず、治 療効果が思わしくない肩こり等は胸郭出口症候群の可能性があります。 罹病期間が長期化すると、頭痛・眩暈・吐き気・不眠・全身倦怠感・胃腸障害・発汗異 常などの自律神経障害を伴うこともあります。また、先天的要因の影響が大きいのが特徴です。


頚肋症候群
先天的に第7頸椎横突起が肋骨化して延びたもので、神経症状が主であり、上肢の冷え等は少ない。
斜角筋症候群
斜角筋隙を神経と動静脈が走行しています。その斜角筋の緊張により、これらの神経と動静脈が圧迫ることにより起こります。特に手の薬指、小指にしびれや痛 みがおき、握力も弱くなります。なで肩の女性に多く見られ、長く肩を下げていると症状が悪化します。
肋鎖症候群
鎖骨と第1肋骨の間隙が狭まって、神経や動静脈が圧迫された時、指先に軽いしびれと血行不良をおこします。肋鎖が狭くなる原因には交通事故等の強い外力以 外は周辺筋の過緊張による膨大が多く、疲労や姿勢などの変化で肩が下がるとおこりやすいと言われています。
小胸筋症候群
小胸筋と肋骨間の間隙を神経と動静脈が走行し、上肢へと向かっています。つり革につかまるような体勢をとると時に腕がしびれるのは小胸筋症候群を疑いま す。小胸筋の緊張による膨大がある場合、上腕外転時に、小胸筋の烏口突起停止部で、神経と動静脈が圧迫されて起こります。


治療法…
「胸郭出口症候群」とは症状の総称に過ぎません。大切な事は「自分の胸郭出口症候群のケース」について、まず知ることです。
頚肋症候群以外はほぼ筋肉の緊張による膨大が原因で神経や動静脈が圧迫されて起こります。その原因筋をつきとめ、緊張を取り除く治療をします。
勿論症状によっては手術をすすめられる場合もありますが、一般的には、温熱療法や、マッサージ等が有効です。
また、頚肋であっても無症状の方もいます。症状出現の直接的原因が筋疲労や筋緊張であることも稀でありません。それに頚肋以外の上記疾患についても、先天的な原因の場合もあるのです。
治療に関しては、しっかりとした見極めが必要になります。原因筋以外にも、周辺筋あるいは遠位にある関連筋にも影響が及んでいる可能性が高いので、安易に刺激せず、筋肉や骨格に精通した専門家の治療を受けるのが最善です。


ホームケア…肩を持ち上げる挙上運動や首の運動などがあり、負荷をかけ ないで首や肩の周辺の筋肉をリラックスさせます。合わせて腕立て伏せなどで多少負荷をかけ肩周辺の筋力を強化してください、寝るときは腕による圧迫を避け るため、抱きまくらの上に腕をのせて寝るなどの工夫も一つの方法でしょう。


下腿静脈瘤

足の表面にあるたくさんの静脈が拡張し、蛇行屈曲して浮き出た状態です。静脈弁の機能不全による一次性静脈瘤と、生まれつき静脈が拡張している先天性静脈拡張症のような二次性静脈瘤に分けられます。 
下肢の表在静脈だけでなく、精索、食道下部、直腸肛門部の静脈にも現れることがあります。初期には静脈がふくれあがるだけですが、症状が進むと立っている時の下肢のだるさやうっ血感、重量感、疼痛、浮腫、筋肉のけいれんなどが出現し、静脈瘤部の知覚異常やかゆみ、かくことによる慢性湿疹様皮膚炎なども現れてきます。慢性期になると、浮腫、出血、皮膚の色素沈着、難治性潰瘍、血栓性静脈炎の急性症状、うっ滞性皮膚炎などが出現し、時に難治性潰瘍となることもあります。
原因 
足の静脈は、表面を走る表在静脈系と深部を走る深在静脈系に分けられ、両者の間は交通枝という静脈でつながっています。表在静脈系と交通枝には逆流防止の弁があり、静脈血が重力に抗して心臓にもどってくるのを助けています。 
最も多くみられる、静脈弁の機能不全によって起こる一次性の静脈瘤の原因としては、もともとの静脈壁の構築の弱さだけでなく、遺伝的要因や妊娠、肥満、立ち仕事といった要素の関連も指摘されています。

治療法…初期の軽度のものでは、長時間の立位を避け、弾性ストッキングを着用し、夜間に患肢を高く上げておくことによって、症状は改善します。症状が強く大きな静脈瘤があるもの、うっ血が著しくて下肢の挙上でも改善しないもの、慢性の静脈血行不全があるもの、血栓性静脈炎を繰り返すものなどに対しては、大小伏在静脈の皮下抜去(ストリッピング)、静脈の高位結紮剥離、静脈瘤の切除、硬化薬注入による治療などが行われます。



コンパートメント症候群

外傷による急性型と、運動などの持続によって起こる慢性型とがあります。下腿骨骨折に続発する場合は、とくに高度のはれを伴うことが多く、注意が必要で す。そのほかスポーツや長距離歩行によって、過度の負担が下腿に加わった際にも起こります。また、ギプスや包帯による圧迫が原因になることもあります。 

原因 
コンパートメント症候群は、損傷を受けた筋肉に過度の腫れが生じ、腕や脚に重大な障害を与えるおそれのある状態です。腕や脚の骨折や圧迫などによる組織の 損傷が原因で発生します。筋肉は周囲を線維組織で覆われていて、1つの閉じた区画(コンパートメント)になっています。損傷を受けた筋肉の腫れが進み、閉 じた区画内の腫れがひどくなり、さらにギプスによる固定などが加わると、筋肉組織の内部の圧力が上昇します。内圧が上昇すると、筋肉に酸素を供給する血流 が減少します。酸素の欠乏状態が長時間続くと筋肉の損傷がさらに進み、腫れが増大することで、組織にかかる内圧もさらに上昇します。こうした悪循環によ り、わずか数時間で筋肉や周囲の軟部組織に不可逆的な損傷や壊死が起こることがあります。 
骨折後に、固定した腕や脚に痛みがあって次第に強くなっていく、固定した腕や脚の指をそっと動かしただけで痛む、腕や脚がしびれるといった症状があれば、 コンパートメント症候群が疑われます。筋肉の内圧の測定結果に基づき、コンパートメント症候群の診断を確定します 
下腿に発赤やはれが現れ、緊張感が高まって痛みが出てきます。手でストレッチをすると激痛を伴うようになります。放置すると内圧の上昇により神経が圧迫され、しびれが起こることがあります。

治療法…まず予防方法ですが、症状が出たらスポーツ活動などを中止することです。
その後筋肉のアイシングをおこないます。
その他にもトレーニングプログラムの見直しやシューズ・ランニング技術の検討、練習環境などの改善などが効果的だと思われます。
外傷後の処置としては、静脈還流を促進するため患肢挙上が行われるが、心臓と同じ高さを保っていればよいでしょう。
コンパートメント症候群の治療法としては、針灸治療が有効です。(急性の場合を除く)
現状を把握しながら、長趾伸筋、長母趾伸筋、前脛骨筋、長・短腓骨筋、長趾屈筋、長母趾屈筋、ヒラメ筋、底筋などの筋肉に適切な処置をとります。 
以上がコンパートメント症候群の症状、治療、予防方法、原因です。
治療が必要な場合は実績のある専門医のいる病院で、治療を進めることが重要であるといえるでしょう。