神奈川県横浜市の整骨院・接骨院情報サイト|総合整骨院心
HOME>スポーツ障害

| スポーツ障害 |

肩の障害
肩の障害
野球肩
いわゆる野球肩」とは、野球の投球動作に似たスポーツ活動によって起こる肩の障害を言います。野球以外のスポーツでは、バレーボールやハンドボール、バスケットボール、バトミントン、槍投げ、テニスなどの活動中に発生します。
これらのスポーツの一連の動作を野球で説明しますと5つの動作に分かれます。すなわち、ワインドアップ期・コッキング期・加速期・リリース期・フォロースルー期の5つより構成されます。
ワインドアップ期は投球動作に入るまでを言います。コッキング期はボールを持って肩が最大に外転、外旋する時期までの動作で、いわゆる出前持ちの様な状態 を言います。加速期はボールの投げ始めからボールを手放すまでの動作を言います。リリース期はボールが手から離れ、腕の動きが急に減速される時期までの動 作を言います。フォロースルー期はボールを投げ終えて投球動作が終わるまでを言います。以下、各5つの動作における肩の障害を説明します。
原因

ワインドアップ期ワインドアップ期は下半身が主導ですから肩の障害は全く起きません。


コッキング期
コッキング期では肩関節は外転・外旋運動が強制されるため、肩の前方が引き伸ばされて三角筋前部や上腕二頭筋長頭腱は牽引され、棘上筋は収縮します。この ため三角筋炎・棘上筋炎や上腕二頭筋長頭腱炎、インピンジメント症候群、腱板損傷が発生し易くなります。


加速期からリリース期加 速期からリリース期は最もスピーディーな動作が行われる時期です。肩関節は外転・内旋運動が強いられ、色々な肩の障害が発生し易くなります。加速期からリ リース期では三角筋中部と後部は引き伸ばされ、棘上筋・棘下筋・小円筋などの腱板は収縮から伸展し、肩峰下滑液包や鳥口肩峰靭帯によって圧迫を受けます。 このため三角筋炎や腱板損傷、インピンジメント症候群が発生し易くなります。また、小児においては上腕骨近位骨端線離開(いわゆるリトルリーガー肩)を発 生させます。


フォロースルー期
フォロースルー期では上腕三頭筋の収縮により腕は前方へ振り出されるため、腱板や肩の後面が引き伸ばされます。このため上腕三頭筋腱炎や肩関節の後方の関節包や関節唇(ベネット病変など)を損傷し易くなります。
以上のように、肩は投球動作によって色々な障害が発生します。
治療は投球を一次中止させ、基本的な痛みの治療法に則り、短期間の非ステロイド系抗炎症剤や筋弛緩剤を処方し、リハビリテーションとしては温熱療法や肩の ストレッチング、筋力強化訓練を指導します。難治例に対しては注射療法を検討します。これらの保存的治療で改善の得られない症例は、障害部位に応じて様々 な手術的治療を検討します。


治療法・・・投球を一次中止させ、短期間の非ステロイド系抗炎症剤や筋弛緩剤を処方し、リハビリテーションとしては温熱療法や肩関節周囲のストレッチング、筋力増強訓練を指導します。難治例に対しては注射療法を検討します。これらの保存的治療で改善の得られない症例は、障害部位に応じて様々な手術的治療を検討します。

ホームケア・・・医師の診断を受け、症状を把握することは勿論ですが、基本的には投球後のアイシング、それ以外は肩を冷やさないこと。十分なストレッチ。炎症期でなければ、インナーマッスルトレーニングが最も大切です。負荷の軽いチューブやダンベルで肩関節の各方向へ素早く動かして下さい。特に内外旋の動きが重要になります。