神奈川県横浜市の整骨院・接骨院情報サイト|総合整骨院心
HOME>後遺症

後遺症

後遺症

交通事故
交通事故による後遺障害とは、治療をしたが完治せず支障や不具合を残した状態で固定した障害を指言います。受傷後、6ヶ月を経過して治療の効果が得られなくなったときに、残っている症状が後遺障害です。後遺障害は自動車損害賠償補償法で定められています。
一番重い1~もっとも軽い14級まであります。後遺障害の等級に応じて、損害賠償額が算出されます。

交通事故による後遺症としてむちうち(頚部捻挫)が高い確率で発生します。これは、外力の大小により、 治療期間や後遺症にも大きく影響致します。治療経過が思わしくなく症状が次第に慢性化するケースも少なくありません。
交通事故による後遺症の特徴は、受傷直後にはあまり症状が出ないことです。受傷直後の検査で異状が認められない場合でも、数日経過して腫れや、痺れとともに むち打ち症の自覚症状が首や背、腰または、膝や脚の痺れなど、広範囲に出ることがあります。

病院で自覚症状のある患部が特定され次第直ちにレントゲン検査などの適切な検査が行われますが、多くの場合は、骨に異常なし、つまり骨折していないので、そのまま治療せずに放置して悪化させてしまう場合が多いのです。そして、時間の経過とともに頭痛、めまい、吐き気。肘や指先のしびれ感、肩や上肢全体の重だるさなどを伴うこともあります。

静止画像では異常が無くても、関節を動かしてみると、あきらかに異常が分かります。

その場合は放置せずに、きちんとして治療をしておかないと、5年後、いいえ10年20年後に大きな後遺症を残します。




脳梗塞

日本人の死亡原因の中でも多くを占めている高頻度な疾患である上、後遺症を残して介護が必要となることが多く福祉の面でも大きな課題を伴う疾患です。
後遺症では脳の障害される場所により異なり、多くのものがあります。
例えば運動障害、感覚障害、視力障害、視野障害、小脳障害、失語、発作等様々です。
マッサージ等リハビリや治療で回復するものもあれば、変化のないものもあります。
まずは病院でしっかりとした診断を仰ぎましょう。

 

骨折

骨折すると骨片によって、四肢では神経や血管、肋骨では肺や心臓を損傷することがあります。脊椎の骨折では骨片が脊髄を圧迫して支配領域が麻痺することもあり、頸椎の場合では死亡するケースもあります。骨髄や骨盤がある部位での骨折でも、出血性ショックなどが原因で死亡することもあります。高齢者は骨折で寝たきりになりやすく、認知症や肺炎などを併発するケースも多く見られます。ずれた骨を正しく矯正しなかったり矯正した骨を十分に固定しなかったりしたために骨が曲がったままくっつくことを「変形治癒」といいます。

変形治癒はおもに、整復が難しい骨折や癒合していない骨を患者が勝手に動かした場合に起こります。美容的な問題だけでなく、血管や神経などの組織を圧迫することや正常機能を失うこともあります。骨折の部位や程度によっては、折れた骨をくつける仮骨が通常よりも過剰に出ることがあります。また、骨のずれが正しく整復・矯正されない場合も過剰に仮骨が出てきます。この「過剰仮骨」は関節を動かせなくなったり、慢性的な痛みが続いたりする後遺症の原因になります。